新三重県知事に一見勝之さん

今月12日に投開票された「三重県知事」に一見勝之さんが選ばれました。

一見さんは亀山市太森町出身、お母さんは私と同級生。一見さんの生まれ育った故郷は 秋はコスモス、春は桜並木で近在の見物客がカメラを持って訪れます。まちづくりは「良い提案には皆がすぐ賛成」するらしく、一見家の周囲500mの所に東大卒が3人いると聞いて、この地域は開放的な明るさがあると感じました。事前に配付されたパンフレットを読んで、一見勝之さんの円満な人柄が伝わってきます。勉強一筋の青白い秀才ではなく、生家の酒屋さんを手伝ってビールのケースを配達した少年時代のエピソードを知ると 親御さんの育て方に頭が下がります。また、サッカー・空手・登山などのスポーツだけでなく、フェルメールやカミュー・ピサロなどの難解で奥の深い絵画を好み、中国三国志の諸葛孔明のことば「鞠躬尽力」(きっきゅうじんりょく・身を慎み誠心誠意全力で尽くすこと・後出師の表第八章)が座右の銘だと言うから 一見さんに関心を寄せるのは私だけではないでしょう。

私が「三国志」に興味を持ったのは 1981年に放映された「長江」(歌手のさだまさしさんが中国中央電視台と共同で制作)を見た時からです。その中に路上で「三国志」を語る人がいて、その面白さに惹かれたのが中国史入門の始まりです。その後、陳舜臣の「中国三千年の歴史」「十八史略」や司馬遼太郎の「項羽と劉邦」など夢中で読みました。

紀元前二千年の「夏」から始まって「殷」「周」「商」「秦」「漢」「三国時代」「随」「唐」「宋」「元」「明」「清」「中華人民共和国」の帝国の栄枯盛衰は 国家だけでなく、各個人の生きるヒントが隠されているように思います。

「三国志」は史実8の割合で劇化され、馴染みの深いものですが、諸葛孔明が宿敵「魏」を討伐の際、出兵に当って詠んだ「後出師の表」(すいしのひょう)は有名で「臣であるわたし諸葛孔明はただ誠を尽くし<鞠躬尽力>命の有る限りは

先帝・劉備の恩に報い、宿敵「魏」を討たなければ死にきれない覚悟だす。その成否が成るか散るかは 予見できません」と、悲痛な決意を述べたものですが、

これを好きな言葉として 知事選の出陣に臨んだ一見さんのこれからの政治に

期待すること大です。

 

 2021年(令和3年)9月23日(木)秋分 旧暦7月16日 NO189